クラーケンに対する訴訟で、SECはトークンの多くが有価証券であるとの主張をさらに強めた。これらのトークンの多くは、トレーダーが規制の不確実性を···